2019年4月17日水曜日

ネームレス


                 「ネームレス」

もう何年も前になりますが、妻が私に口をこぼした事がありました。男は、女性の愚痴、特に連れ合いの愚痴を、なかなかうまく聞けない生き物だと言われますが、さすがにそのときには、真剣に耳を傾けざるえませんでした。
妻が愚痴りながら言うには、「子供の保育園に行けば『誰々ちゃんのお母さん』と呼ばれ、家に帰ってご近所では、『だれそれの奥さん』といわれる。まだだれそれと名前がつけば良いほうで、ただの『奥さん』と呼ばれる方が圧倒的に多い。一体私は誰なんだろう」というのです。

 考えてみれば、私も妻の事を、「おい」とか「ねえ」とかで呼んでいて、良くても「お母さん」と言う程度。一度は「私はあなたの母親ではない。」とこっぴどく怒られて小さくなったことがありました。確かに妻は子供たちにとってはお母さんですが、私にとっては妻であっても母親ではありません。しかしそのときは、なんで妻がそんな事で怒り出したのかわかりませんでした。でも、「私は誰なんだろう」と言う愚痴を聞いて、その意味がわかったような気がするのです。

 たかが名前と思われるかもしれませんが、名前の背後には、その人自身の人格や存在があります。ですから人は名前を呼ばれる事によって、その人自身の存在する意味とか価値を認められている事を、感じ取っているのかもしれません。いわば、名前を呼ばれる事によって、自分が受け入れられているということを確認しているというわけです。
それを「誰々ちゃんのお母さん」とか「だれそれさんの奥さん」では、自分は子供やご主人の付属物でしかないように感じて、さみしくなったのでしょう。それで思わず愚痴閉まった。でもそんな気持ちもよくわかります

男性だって、自分の名前を呼ばれる事なく、会社名で呼ばれる事が少なくありません。それによって、自分が所属している会社の帰属意識が高まる反面、会社の一部分でしかない事を否応なしに思い知らされる事でもあります。
しかし、誰でも、自分の名前を呼んで欲しいのです。何かの付属物や、一部分のように見られるのでなく、かけがえのない自分として、自分の存在と人格を認めて、受け入れて欲しいのです。

旧約聖書のイザヤ書の411節に、神が「恐れるな、私はあなたをあなたを贖ったのだ。私はあなたの名を呼んだ。あなたは私のもの」と言っている箇所ヶあります。神は、ひとりひとりの存在に目を留め、一人一人のことを大切に思い、受け入れようと思っておられる。だからこそ、あなたの名を呼び、あなたは私のものだとそう言われるんですね。
そして、あなたを聖い神のみもとに受け入れるために、私達の汚れた罪の行いや、醜い罪の心をきれいに洗い清める為に、イエス・キリスト様を十字架にかけて死なせられたのです。
ですから、先ほどのイザヤ書411節の言葉は、さらに4節で、「神の目に高価で尊い」と言う言葉に繋がっていきます。神は、あなたと言う存在の価値を認め、大切に考えてくださっているのです。

ちなみに、私はあれ以来、妻を名前で呼ぶようになりました。

2019年3月11日月曜日

みんな同じ


「みんな同じ」

 ずいぶん前の話になりますが、我が家の近くに大型の電気屋が開店しました。私も、物見がてらに開店の翌日に行ってきたのですが、開店記念セールの一環で、抽選会をしていました。この抽選会の参加資格は、2000円以上の買い物をしてくださった方と言うことだったようです。
 そこで、漏れ聞こえてきた会話です。それはどうやら、3万円以上買い物をした人だったようですが、「2000円だけ買っても一回抽選できるけど、私たちは3万円以上もかって一回だけしか抽選できない。なんか不公平よね。」っと言うのです。
 確かに、2000円だけ買った人も、3万円以上買った人も、まったく同じで1回ぽっきりしか抽選できないとしたら、なんだか不公平な感じがしないわけでもありません。そのうえ、もし、2000買った人が、1等を当たりを引き上げ、3万円以上も買った自分が、ハズレのポケットティッシュだったら、もう不満が爆発しちゃいそうです。
 聖書の中にも、似たような話があります。ある時、ひとりのぶどう園の主人が、ぶどうの収穫のために、労働者を雇いに、朝早く町に出かけていきました。町には、その日の一日の仕事を求めて集まっている人であふれていました。
 主人は、その中の良く働きそうな男に声をかけて「一日1デナリで働かないか」と声をかけました。1デナリというのは、2000年前のイスラエルの労働者が働く、一日分の給料としては十分なものでした。
 当然、その男は、喜んでその仕事を引き受け、一生懸命、主人のぶどう園で働きました。けれども、まだまだ人手が足らないようなので、主人は、お昼頃になって、別の男をやっとって来ました。しかし様子を見ていると、それでも間に合わないようです。そこで夕方近くになって、主人はさらに別の男を雇ってきたのです。
 やがて、日もとっぷりと暮れ、ぶどう園で働いていた男達に給料を払う時間になってきました。主人は、夕方近くに雇った男から順番に、それぞれ約束の1デナリづつ給料を支払ってやったのです。
 すると、朝早くから働いていた男から、「一日中一生懸命働いた私と、ほんの数時間働いた者とが同じ給料なんて不公平だ。」と不満が爆発してしまいました。
でも、その気持ちもわかるような気がします。あの2000円以上で一回抽選と同じ心理が働いているんでしょうね。働くものや、買い手にしてみれば、それは不公平極まりない出来事なのです。
あの2000円以上で、一回の抽選という開店セールを考えた電気屋の主人は、おそらく、2000円のお客さんにも、3万円のお客さんにも同じように開店の感謝の気持ちを表したかったんでしょうね。だからみんな同じようにしたんだと思います。
同様にぶどう園の主人は、朝早く雇った者も夕方雇った者も、彼らが生活する為には一日1デナリが必要な事を思い、同じように彼らの生活に気を配ってあげたのです。
買い手や労働者が自分の利権や利得を考えれば不公平に見えることも、売り手、雇い主の思いやりや心づかいから考えれば、みんなが同じなのです。
聖書は、あのぶどう園の主人は神様のことをあらわしていると言います。神様は、人が自分にどんな利益をもたらし、どんなに役に立つかによって差をつけようとするお方ではありません。むしろあのぶどう園の主人のように、すべての人の事を心配し、心づかいをしてくださるお方なのです。そして、私たちが、神の裁きにあうことなく、天国でちゃんと暮らしていけるようにと、イエス・キリスト様を、私達の罪の救い主として、この地上におくってくださったんですね。

2019年2月18日月曜日

ネームレス


「ネームレス」


よく、男っていうのは、なかなか女性の愚痴、特に連れ合いの愚痴を、うまく聞いてあげられないって言われるんですけど、そんなもんなんですかね?でも以前、うちの妻がこぼした愚痴には、ちょっと考えさせられました。
その愚痴というのは、「子供の保育園に行けば『誰々ちゃんのお母さん』と呼ばれ、家に帰ってご近所では、『濱さんの奥さん』といわれる。一体私は誰なんだろう」っていうものです。
 確かに、考えてみれば、当時の私は、普段妻を呼ぶときは、「おい」とか「ねえ」、良くても「お母さん」と言う程度。一度は「私はあなたの母親じゃないわよ。」ってこっぴどく怒られて小さくなったことがありました。
 そのときは、なんで妻がそんな事で怒り出したのかわかんなかったんです。でも「私は一体誰なんだろう」と言う愚痴を聞いて、その意味がわかったような気がしました。

 たかが名前と思われるかもしれませんが、名前の背後には、その人自身の人格や存在があります。ですから、人は名前を呼ばれる事によって、その人自身の存在する意味とか価値を認められている事を、感じ取っているのかもしれませんね。いわば、名前を呼ばれる事によって、自分が受け入れられているということを確認しているというわけです。
それを「誰々ちゃんのお母さん」とか「だれそれさんの奥さん」では、自分が子供やご主人の付録のように感じて、さみしくなったのかもしれません。それで思わず愚痴ってしまった。でもそんな気持ちもよくわかります。

男性だって、自分の名前を呼ばれる事なく、会社名で呼ばれる事が少なくありません。もちろん、それによって、自分が所属している会社への帰属意識は高まりますが、反面、会社の歯車でしかない事が否応なしに思い知らされる事でもあるのです。
やっぱり、誰でも、自分の名前を呼んで欲しいんですよね。誰かの付録や、一部分のように見られるのでなく、かけがえのない存在として、人格を認め、受け入れて欲しいのではないでしょうか。

旧約聖書のイザヤ書の411節に、神が「恐れるな、私はあなたを贖ったのだ。私はあなたの名を呼んだ。あなたは私のもの」と言っている箇所があります。
神は、ひとりひとりの存在に目を留め、一人一人のことを大切に思い、受け入れようと思っておられるのです。だからこそ、あなたの名を呼び、あなたは私のものだとそう言われるんですね。
そして、あなたを聖い神のみもとに受け入れるために、私達の汚れた罪の行いや、醜い罪の心をきれいに洗い清める為に、イエス・キリスト様を十字架にかけて死なせられました。
ですから、先ほどのイザヤ書411節にある聖書の言葉は、さらに「あなたは、神の目に高価で尊い」と言う言葉に繋がっていくのです。そう、神は、あなたと言う存在の価値を認め、大切に考えてくださっているのです。

2019年2月1日金曜日

スポーツと信仰

 スポーツと信仰

サッカーアジア杯の熱戦が繰り広げられ、いよいよ決勝の時をむかえ、日本代表が決戦に挑む。
 スポーツの大会、とりわけサッカーの国際大会を見ていていつも思わされるのが、スポーツと信仰の関係だ。サッカーの試合では、しばしば危険なラフプレーを目にすることがある。それこそ、「削る」という言葉で言い表されるようなプレーであり、相手を傷つけるプレーだ。それは、実際にけがという結果に至ったか至らないかは問題ではない。そのような可能性を秘めたプレーであるならば、それは決して褒められた、そしてあるべきプレーではない。
 スポーツ選手が全てそうだとは言わないが、実際、そのような危険なプレーをしている選手は良心咎めを感じないのだろうか。とりわけ、神を信じるクリスチャンの選手、そしてクリスチャンだけでなく、同じ聖書の神を信じるユダヤ教を信じるジューイッシュの選手やイスラム今日をモスリム信じるの選手もなどはどのように感じているのだろうか。
 もちろん、スポーツには怪我がつきものだ。一生懸命プレーした結果、意図せず怪我につながる接触が起こりうることは十分にありうる。私は、そのようなプレーを問題にしているのではない。私が問題にしているのは、怪我をする可能性があるという認識が少しでもあるプレーや相手を殴ったり蹴ったりする行為を、あえて意図的に行う場合である。
 私は、そういったプレーをクリスチャン選手、ジュ―イッシュ選手そしてモスリムの選手が、意図的に相手を傷つけるような「削る」プレーをしていないと信じたいし、審判をだまして反則をもらおうとするシュミレーションなどはしていないと信じたい。しかし、絶対にしていないと断言できるかと言われると、胸を張ってそうだと言えない現実もある。
 とりわけ、クリスチャンの多いヨーロッパや南米のチームや、モスリムの多い中近東にチーム、そして東アジアではクリスチャンの比率の多い韓国の選手などが、そのようなラフプレーや卑怯な行為をしているのを見たとき、「もし、彼らがクリスチャンや、ジューイッシュ、あるいはモスリムであるとするならば、そのような行為は神の正義と信実、なによりも神の聖を汚す行為である。彼らには、今自分は神の名を汚し、神の栄誉を気付付けているという発想は出てこないのだろうかと心配になる。
 同時に、私も一人のクリスチャンとして、もし日本人選手がそのようなプレーをしたとき、その行為を同じ日本人であり日本の勝利のためにという大義名分のために受容していたならば、それは、神の正義と聖を汚す一人となっている。
 かく言う私も、サッカーではないが過去に一度だけ、故意に相手を傷つけるような汚いプレーをしたことがある。故意に、相手の選手の手のひらをスパイクで踏みつけたのだ。私は、今でもその時のことを後悔し、恥じている。それは、一人のキリスト者として、それだけではない一人の人間としてしてはならない恥ずべき行為なのだ。スポーツとは、元来、フェアに行うべきものである。もちろん、勝利を目指して戦うのだから、勝つことは最大の目的である。しかし、いかに勝つためにとは言え相手を傷つけたり、危害を加えたりといった神の名を汚してまで手に入れるべきものではない。
 今日、日本はアジアの頂点をかけて戦う。本当に正々堂々と、神と人の前に恥ずべきことのない再興のプレーを見たいと思っている。もちろん応援もそうだ。私も、それを心掛けて日本代表を応援したいと思っている。

2019年1月31日木曜日

変革する力


「変革する力」

今ね、世界中で、私はクリスチャンですって言う人が、194338千人もいるんですって。ずいぶん細かく調べたなって思いますが、世界のおおよそ1/3、つまり、3人に一人は、何らかの形で、キリスト教を信じているってことになります。

日本では、クリスチャンってあまり見かけませんから、そんなに多くないように思うでしょ。でも、世界に目を広げると、本当に多くの人が、クリスチャンだって思っているですね。

もちろん、この数字は世界一です。でも、今では、世界一信じられているキリスト教も、最初は本当に小さい群れでした。しかもね、当時のローマ帝国や、ユダヤ教から、様々な迫害を受けていたんです。今で言えばいじめですね。

そんないじめをキリスト教会が受けるようになったのは、当時のユダヤ教やローマ帝国の社会制度を根底から変えてしまうようなものだと、思われたからなんです。

新約聖書の使徒の働きというところには、当時の人が、クリスチャンに対して、「彼らは世界中を騒がせている人たちである」といっているところがあります。これは、天下をひっくり返すようなことをしているってことなんです。

もちろん、天下をひっくり返すって言ったって、武力で政権を打ち倒すとか、デモを行って、政治を変えていこうとしたわけじゃありません。むしろ、キリストを信じる時に、その人の生き方や、物の見方が変わっていく。そんなクリスチャンの姿を見て、みんながキリスト教を信じるようになると、世の中の制度や価値観、生き方まで変わってしまうぞと、そう思ったんでしょうね。

たとえばね、先ほどの「使徒の働き」の5章には、当時のクリスチャンが受けた迫害のことが記されています。彼らはキリスト教のことを人々に教え、知らせていたために、ユダヤ教の指導者達から、ムチを打たれたんです。そのとき、弟子たちは、そのような迫害に大して、「人に聞き従うよりも、神に聞き従うべきです。」って言って、断固として屈っしなかった。

そんあ弟子たちの中に、ペテロと人もいました。彼は、キリストの一番弟子言われる人です。なのに、キリストが裁判にかけられている時に、自分もキリストと同じ目にあっちゃ大変だと思い、「自分はキリストなんか知らない」って言ってしまった人です。そう言った意味では、迫害を恐れて一度はキリストを裏切った人だっていえます。

でも、そのペテロが、迫害の中でいじめられ、ムチを打たれた弟子達の中の一人にいたんです。更には、その後にかれは、牢屋に入れられたり、最後には殺されてしまったとさえ言われています。
あの弱々しく気の小さいペテロの心が、勇敢で大胆な心に変わっていった。まさに、ペテロが本気で、キリストが自分の罪を赦してくれる救い主であると信じた時、彼の心に変化がおきたんですね。そして、死から復活したキリストと出会った時に、死の恐怖を乗り越える天国への希望をもった。それがペテロに力を与えたんだろうって思います。

もちろん、みんながみんなペテロのように急激に変わるってことではありません。ゆっくりと変わっていく人だっています。むしろその方が多いのかもしれません。でも、確かに、キリストを信じ、クリスチャンになって神に従う人は、その心の中が変わっていくんです。そして心の中が変わることで、生き方や生活が少しずつ変わっていく。

キリストを信じる信仰は、私を、そして、あなたを変えてくれる力になるんですね

2019年1月5日土曜日

「見なけりゃ信じない」

            「見なけりゃ信じられない。」

子供と話をしていて、どうも気になってしかたがない言葉があります。それは、あいづちなんですが、私が何か言うと、「ほんと!」「ウソー」「マジ!」って「あいづち」をいれる。

まぁ、あいづち自体は、話を聞いて入れてくれている証拠ですから、悪いことではないのですけが、いちいち、「ほんと」「ウソー」「マジ」とやられると、「人の話が信じられないんだったら、もう聞っかなくっていい」てな感じになってしまいます。古い人間なのかもしれませんが、まぁそんなわけで、何度か子供をしかりとばしたことがありました。それでも、直りません。
でも、世の中には、本当に信じられないような話は確かにあって、そう言う私自身が「ほんとかよー。」って言うことも、時々あります。

以前、「よみがえり」って映画がありました?日本映画で、死んだ人が生き返るって話。ホラーではなく、むしろ感動するような話。あれは映画だから、まあ作り話だと思ってみてられますが、実は本当にあった話だって言われたら、やっぱり「ウソー」って言いたくなります。

実は聖書の中には、キリストが死んだあと、3日目によみがえって弟子達と出会ったって話がでています。でも、そのときにたったひとり、トマスって言う弟子だけは、その場に居合わせなくて、後から他の弟子達から「おいおい、俺たちは生き返ったキリスト様と、さっきお会いしたんだ」って聞かされたんです。
それこそ、そんな話聞かされたって「ほんとかよー。そんなことあるわけないじゃん」って信じられないわけですよ。だからトマスは、「私は、生き返ったキリストの手と脇にあるはすずの、十字架に貼り付けられた時の傷跡に、さわってみないと信じられない。」って言うんです。いわば「本当だっていう証拠がなければしんじられるか」ってことなんでしょうね。そりゃそうだと思います。

ところが、そのトマスに、よみがえったキリストは姿を現し、「トマス。私の手にある十字架の傷跡にふれてごらんよって」そう言われたのです。よみがえったキリスト本人が目の前に現れちゃね、トマスだってどうしようもありません。
このときに、トマスは心から「我が主、我が神よ」と言っています。それはトマスにとって「心の底からキリストが神であり、自分の救い主であると信じられた一瞬だったのでしょう。
そのトマスに、キリストは「トマス、あなたは目で見て、自分の手で傷にさわって、確かめて初めて信じることができた。でも、見ないで信じることができるものはもっと幸いなのだよ。」とそう言われたのです。

残念ながら、私たちは十字架にかかられた前のキリストにも、十字架にかけられた後のキリストにも出会ったことがありません。ですから、キリストの声も顔も知らないのです。
そんな私たちの前に、「我こそはキリストなり」という人が現れても、本物かどうか確かめることなどできません。結局、キリストの復活は、見ないで信じるしかない出来事なんですね。
でもね、神様は良くしたもので、聖書という書物を、残して下さった。その聖書を読んでいくと、キリストというお方がだんだんとわかってくる。そして、あったこともないキリストというお方の存在が心の中に広がってきて、本当にあって話をし、声を聞いたようなそんな思いになってくることがあるんです。

トマスが、復活したキリストと出会い、「我が主我が神、」っていったのと同じような経験を、聖書を通してすることがあるんです。ですから、どうかあなたも、聖書をお読みになって頂きたいと思います。そして、聖書の中に表されているキリストと出会い、見ないで信じる人になってほしいと思うんですね。

2018年12月26日水曜日

嫌な気持ちをおもいだしちゃった。

 昨日、注文していた『学歴詐称』という本が届く。キリスト教関係の本でもなく、また学術書でもないので、一・二時間で読み終えられ、その内容も把握できたが、実に嫌な感情を思い出した。
 本の内容は、ある大学教授が、某団体Aがディグリーミル(正式な学位の認定ではない偽学位を販売している自称大学)の疑いあるという報告がなされていると言う記述をご自身のホームぺージで引用したところ、その問題があるとされた某団体Aからクレームがつけられ、暗に訴えるという言わば脅しのような行為を受けたと言うことで、そのことの顛末を記したものであった。
 実は、私がこの本を注文したのは、その大学学教授と某団体Aのごたごたの顛末を知りたかったわけではなく、各国で異なる学位認証制度と国家間相互でそれぞれ他の国の学位をどのように受容しているかと言った情報を期待して買ったのだが、届いてみるとその内容は期待したものとは異なっていた。それだけでも、わずかではあるが余分な出費となってしまった上に、嫌な思い出を思い出した分、ずいぶんと損をしてしまった気分になった。

 その思い出と言うのは、今はあまり見かけなくなったが、昔ネット上で、個人や団体が無料で借りられる掲示板(個人運用のSNSみたいなもので、FBが近いかな)なるものがあり、私もその掲示板を個人的なホームページで借りて運用し利用していた。そこには、運営に関して参加規定をもうけて、それを掲示し、それに沿って書き込んでもらうようにお願いしていたのだが、その規定の中に企業等団体の投稿はお断りする旨を定め、それはちゃんと明記していた。

 ところが、某団体Bが、知ってか知らずかわからないが、その利用規定を無視する形で投稿してきた。しかも、その団体はしかるべき某団体Cが、問題があるとの情報を発信していた団体であった。当然、規定に企業および団体の投稿は出来ないと言う利用規定をもうけ、それを提示していたのでその規則に基づいて削除したのだが、その際、削除理由と共に、某団体Bは問題があるということが言われている団体であるという旨も合わせて削除の報告をした。すると数日して、その問題があると言われている旨を消せ、削除しなければ訴えるとのメールが某団体Bから入ってきた。

 その時、私はその要請に応じるつもりは全くなかった。だが、家人や教会の方が、ややこしいことになり、牧師としての働きや伝道活動に支障をきたしてはいけないし、これから先も変な人間がほかに書き込んできてもいけないので、その部分を削除するだけでなく、掲示板自体を辞めてくれと言われ、しぶしぶ伝道の窓口になればと考えていた掲示板自体を削除することになった。

 伝道の窓口に開いた掲示板であり、それなりにいろんな人との交流ができていたものであったので、残念だったか家人や教会員の言葉に従った。後にも記すが、ネットの掲示板とは言え、私にとっては、無料とは言え自分が申し込んで借り、利用規定を定めて始めたものである。そしてその使用規規定に基づき、それによって管理・運営していたものである。そこに人の家に勝手に土足で上がり込んで来るかのようにして投稿してきたのである。しかも、問題があると言われていると書き込まれると、いきなり訴えると訴訟をちらつかせながらその書き込みを消せと言う。そんな連中である。そんな連中だから家人、とりわけ子供に危害がおよぶかもしれないという恐れが一瞬頭をよぎり、それを危惧した。そういうこともあって、掲示板を辞めることになったのだ。そのことを思い出した。

 そのやり取りの中で、某団体Bには、「あなたがたは、明記してある利用規定を無視して書き込んだではないか」と指摘したが、その件については、掲示板を開いていることは、それは公に開かれていることだから書き込みをするのは問題がない(つまり管理者が設けた利用規定など関係ないと言うことだろう)と、彼らの論理で謝罪の言葉もなく、削除しなければ法的対処をするの一点張りだった。

 私にしてみれば、今日のFBのような利用者を限定する設定もない時代なので、だからこそ利用規定を設け、それを明記し、その枠の中で運営していた言わば内輪のサークルに、その利用規定を無視し、勝手に土足で上がり込んできて、掲示板を設けていることは、公に開いているのだから誰でも、何でも書き込んでもいいのだという自分の論理を振り廻す。いわば「玄関が開いていたのだから入ってきて何が悪いか」と言っているようなものだ。そんな論理をもって、勝手に書き込んできたことには何の謝罪もしない団体である。家人に危害が及ぶのではと思ったのは、こんな理屈を振り回すからである。その態度を見て、到底そんな某団体Bを信頼出来ようはずはなく、なるほど、某団体Cの報告は信頼性があるなと思った次第である。

 ちなみに、その某団体Bが問題があると言われているという私の記述の元となった某所某団体Cに対し、某団体Bが訴えたという話は聞いていない。つまり、個人には、いきなり訴えるといってくるが、その私の情報源となった大きな組織体であり、私の知る限り公に某団体Bは問題があると公に述べている某団体Cに対しては、未だに訴えを起こしてはいないようであるし、そもそも訴えるぞとすら言っていない可能性もある。どうやら、バックボーンのない個人には訴えるといって脅すが、バックボーンのある組織体には訴えると言ったことは言わないようだ。

 もうずいぶん昔のことがだ、今回買い求めた本を読み、それに似たような内容が書かれており、当時のことを思い出し、実に嫌な気持ちがよみがえってきた。